© 2019 talking about curtains / miki sato

Creation Baumann Japan, 東京ショールーム

機能:パーティション、アートカーテン

写真:三嶋一路

Creation Baumann Japan, Tokyo Showroom

Function: Partition, Art Curtains

Photo: Ichiro Mishima

 

 

Creation Baumann東京ショールームは、間口の割に奥行きの深い矩形の平面が特徴的な為、入口から進むごとに見え方が変わる様全体のレイアウトを検討した。その際「窓辺に設置される」というカーテンの一般的な印象を取り払った「自由なカーテン」というコンセプトのもと、スイスに本社を置くテキスタイルメーカーCreation Baumannの上質な生地を最大限に活かすことにも留意した。

入口には目を惹くアートカーテンが必要と考え、色彩豊かな柔らかいレースを、ネットカーテンに手作業で編み込んだ。 
中央に置かれた商談テーブルには、既存のレールが楕円形に配置されている為、その形状を活かし、微かな気流でふわりとエレガントに揺れる、ギャザースカートのようなパーティションを考えた。
どちらのカーテンも視線が部分的に抜ける構成とし、特徴的な鰻の寝床空間の、伸びやかな奥行きを感じられる様になっている。

 

Curtains for Creation Baumann’s showroom in Tokyo. Space is very unique, narrow and long. So not to block the perspective, we proposed partly transparent or translucent curtains as first.

When we find an existing curtain rail around the meeting table, we thought of gathered skirt with drapes, shadows and elegant movement that is what only high-quality fabric can create. Difference between two translucencies of the textiles provides an enormous effect on the surface and space.

And at the entrance, Eye-catching is needed like showcases.

Combining colourful soft textiles and nets, we create giant curtains like knitting. They look strong but also makes us feel warm, as you see handmade crafts.