© 2019 talking about curtains / miki sato

​レストラン M

設計:西川拓平田悠

機能:パーティション/ 生地選定、アドバイス

写真:小暮伸也

 

Japanese Restaurant M

Architect: TAKU NISHIKAWA HARUKA HIRATA ARCHITECTURE OFFICE

Function: Partition / Fabric Selection and Advice

Photos: Shinya Kogure

 

料理店のインテリア。空間を仕切るパーティションとしてメタリック調の不織布の様な生地を用いた。

パーティションは付け外しが可能なスクリーンと、枠つきの建具の2種類。

透明度を生地の重なり具合で調節し、限られた空間で全体のランドスケープを感じられる様留意した。

 

Interior for a Japanese restaurant. We advised fabric as partitions to create isolated rooms when needed. While they work as dividers the textile creates a landscape in the hall. To adjust translucency the material is layered.

The partitions have two versions; sliding doors with wooden structure and screens to be attached as required.