© 2019 talking about curtains / miki sato

布はとても身近な環境装置です。

とりわけカーテンは室内に入る光を調節し、保温・遮熱する、身体から最も外側にある衣服みたいなもので、最も身近で自ら操作可能な建具、壁、パーティションと通じる建材とも捉えています。

どんな素材を、どの様に合わせデザインするか、これは境界をデザインすることに直結し、

ちょっとした工夫をすると、驚くほど空間が自由に、豊かになります。

これをかつての師、Petra Blaisseから学びました。

​カーテンは外部空間を取り込み、建築と環境を結合します。

2016年より、個人としてもカーテンについてより深く考えることにしました。

​​ここでは、その活動を報告していきます。

The fabric is a device that can manage the environment around you.
Especially curtains control daylights coming through and keep the temperature stable. 
They are something like dresses while playing roles as partitions and walls.
To choose and how to combine the materials are directly mean how you would design the borders there. 
Space will get dramatically gorgeous if you treat the fabric as something fun.
I learned that from Petra Blaisse, my eternal mentor.
You might do not know how effective the fabric is on the creation of the atmosphere in the space.

Designing Curtains enable to merge environment and architecture.

Since 2016, I have started my own activity and talking about curtains.
I would like to introduce those on this website.